2007年02月03日

節分の豆まき、しましたか?

今日は節分の日ですね。


節分といえば2月がすぐ思い浮かびますが、実は年に4回もあって立春、立夏、立秋、立冬の前日を指す季節の変わり目のことを言います。
そもそも、節分は「季節を分ける」ということから「節分」となったのですね。



今日では、立春の節分が1年の初めに来ることや、その前後に旧暦のお正月があったりして2月の節分が重要視されるようになったようです。



節分には「鬼は〜外、福は〜内!!」などと叫びながら豆まきをする家庭もあると思いますが我が家では「福は〜内!!」のみで軽く豆をまきました。
今は豆が小袋に小分けて売られているものもあり、豆が四方に飛び散らないように、また後片付けの手間がかからないように工夫されているんですね。



節分に豆をまくのは邪気を払い、福を呼び込むためのようですが、これは元来穀物や果実には「邪気を払う霊力」があると考えられていたためのようです。
ですから、この日に豆をまいて邪気を払い一年の無病息災を願うというのが節分の意義ということになります。


この日には『恵方巻』なる太巻き寿司を、まるかぶりするという人も多いのではないかと思います。
ハイ、家もやりました〜。



これはバレンタインデーのチョコレートのように、商売人が売上を伸ばす為に仕掛けた上手い戦略だと思っていたんですが実は古い時代からあったんですね。

恵方巻の起源は江戸時代末期から明治時代初期にかけて、大阪・船場の商人による商売繁盛の祈願事として始まったそうです。
もともと商売人の商売繁盛の祈願として始まったとの事ですが、まさに商売に結びつく日本の風習になってきつつあることから、この祈願、成就したといえないでしょうか。
う〜ん。恵方巻の霊力恐るべし!!



家も祈願しながら、かぶりついたので願いが成就するとイイナ〜!?(^_^;




おまけ:

豆まきの大豆にはたんぱく質が多く含まれていますね。
『畑の肉』とも言われていますが、そのまま食べても消化が悪くて栄養の吸収も悪いのでいろいろな加工品となっています。

最近では大豆の取り過ぎは良くないようなことも報道されたりしましたが、日常食べるくらいなら問題ないようです。

むしろ大豆食品には、たんぱく質や鉄分、カルシウムなどが豊富に含まれ骨粗しょう症の予防にもなるなど良いことの方が多いのですから気にせず食べたらいいのではないでしょうか。


tarumizu54 at 20:45│Comments(0)TrackBack(4)clip!雑記 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 残業代カットも怖くない?年収300万時代をネットビジネスで生き抜く方法!!  [ アフィリエイトで一生食べていける方法!! ]   2007年02月03日 22:03
こんにちは。アフィリエイトで一生つづく収入を得てセミリタイアするまでをサポートしていくサイトをつくりました。あなたもセミリタイアして自由で豊かな生活を始めませんか?ご覧いただけるとほんとうにうれしいです。ぜひ一度ご覧下さい。
2. インターネットでお金を儲ける情報での誇大広告やでたらめにうんざりしている方へ  [ 継続して稼ぎ続ける”現金製造機”を作る方法! ]   2007年02月04日 21:32
宮川明のInfoSecret2007ホームスタディ講座“2007年度以降も着実に給料の10倍稼ぐ情報販売の秘密”
3. 生涯サポート付き!マンツーマンアフィリエイト●幸せwinバイブル  [ インフォトップのよしおです ]   2007年10月01日 10:14
初心者がアフィリエイトで成功するためには、 どんなに良いマニュアルを購入しても、...
ダイレクトレスポンスマーケティングの世界的権威の日本では絶対に手に入らない驚愕の...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
QRコード
QRコード
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
Recent Comments
Recent TrackBacks
楽天市場